開発の背景

私たちが「酵素水」に関わり始めたのは2011年のことです。
それ以前は、「アルル農園」として 自然農法による米・野菜づくりに携わっていました。
さらにそれ以前は「アルルホームズ」の名で、ホームビルダー、つまり家づくりを生業としていました。

家は、一度建てると何十年も暮らすことになります。
家を建てるということは、その後もずっとお客さまの
暮らしと関わることでもあります。
その中で私たちは、いつまでも末永く健やかに暮らす
こと、すなわち健康の大切さを実感しました。
健康の基本は食、そう考え、私たちは毎日食べる野菜や
米を自ら作ることにしました。
そこで出会ったのが、酵素でした。

毎日口に入れる野菜や米は、安心、安全、
かつおいしいもの
でなければなりません。
だから、農薬や化学肥料はできるだけ使いたくない。
そこから、酵素自然農法へと行き着きました。
酵素自然農法は、酵素水による土作り、酵素水の
両面散布を基本とした環境にやさしい農法です。
収穫した作物や果実は、通常栽培のものに比べて、
はるかに甘みがあり、農作物がもつ本来の
食味・食感が感じられます。

人の暮らしを内側からきれいにしてくれるのは、
水と酵素だと、改めて実感しました。
飲料用はもちろんのこと、入浴用や植物栽培用など、
さまざまな用途に合わせた商品を
お届けしています。

善水はこれからもずっと、
皆さまの暮らしと健康と、
末長くお付き合いできる
企業でありたいと思っています。