酵素とは

酵素は、生命活動に欠かせない。

酵素は、ヒトの生命活動に欠かせない重要な栄養素です。
“重要な栄養素”と言えば、蛋白質、脂肪、炭水化物の三大栄養素や、 ビタミン、ミネラルを真っ先に思い浮かべますが、
実は、これらを毎日食べるだけでは、何の役にも立ちません。 そこには酵素の働きが必要なのです。
ヒトが食べたものは、胃や腸で消化され、吸収されます。
そして、体を動かしたり、考えたりする力となり、不要なもの、余分なものは、新陳代謝によって排出されます。
こうした生命活動はすべて化学反応です。
酵素は、触媒として、これらの化学反応を引き起こす、という働きをしています。
ヒトの体内には、約5,000種類もの酵素があると言われています。
たとえば、デンプンをブドウ糖に分解するアミラーゼのように、 ひとつの酵素は、特定の化学反応しか触媒できません。
多くの酵素が複雑に絡み合いながら、生命活動を維持しているのです。

生涯、体内で作られる
酵素の量は決まっている。

酵素には、大きく分けて3つの種類があります。
消化酵素:食べたものを、消化・分解し、吸収できるようにする。 代謝酵素:吸収した栄養を体中の細胞に届ける(新陳代謝)。
有害物質を排出する。悪い部分を 治癒する。免疫力を高める。 食物酵素:食物自体に含まれている酵素。
消化酵素や代謝酵素は、ヒトの体の中で合成されますが、一生涯に合成できる量には限りがある と考えられています。
また年齢とともに、合成できる量は少なくなるとも言われています。
その分、十分かつ適切な食物酵素を摂取することが、健康を保つ秘訣となるわけです。

現代の食生活では、酵素は不足しがち。

ところが、ここでひとつ困ったことがあります。
酵素の主な構成要素は蛋白質なので、熱に弱いということ。
卵の白身が熱を加えると固まってしまうように、蛋白質は48°C以上で変質してしまいます。
つまり、生の食品でないと酵素がとれないのです。
酵素を含む食品:生野菜、果物、発酵食品、刺身、生肉
上記のような食品を積極的にとることが、酵素を補う上で大切です。
しかし、現代の食生活では、加工・加熱された食品が多く、十分な食物酵素を摂ることが難しくなっています。
体内の酵素が不足すると、腸内環境も悪化し、十分な代謝が行われにくくなります。
新陳代謝が滞ると、体を健康な状態に保つことが難しくなります。

健康な毎日のためには、
三大栄養素やビタミン、ミネラルだけではなく、酵素の摂取も意識し、
トータルでバランスのとれた
食生活が大切なのです。